9章 勝てる攻略 ケツ番追い攻法 (当たり番追い攻法)

 
ケツ番追い攻法は知識攻法の最高峰のものであり吉野出版の営業戦略か
らは、ここで取り上げるべきではないが吉野出版の知識攻法を知って頂くた
めに敢えて掲載しています。

吉野出版の知識攻法「ホールシステム各論Ⅰ」に掲載するG&AP攻法の判
定時期を知るまでは、勝ちまくるところまではいかないでしょうが「ケツ番追い
 
 
攻法」は判定時期を知らなくてもグループ構成さえ把握していれば知識攻法
の妙味を充分に味わうことができます。

 
そして、このケツ番追い攻法は吉野出版の知識攻法「ホールシステム各論3」に掲載する大当たり回数周期の仕組み、好調グループ及び好調台の
 
 
調度の推移の法則、好調周期台はグループにどんな影響を及ぼしているか、遊び周期台はどのような経過で好調周期台となるか、継続か交換か等々を知ってしまえば負けない楽しいパチンコに成るはずです。

中略

一般のパチンコファンはグループの存在さえ知らず、ましてや向かい側の列
の異なる機種に同グループの台があることなど夢にも思っていません。
一般客は人気機種側に片寄り片側の機種には興味を持ちません。
 
ここに絶好の舞台が苦もなく待っています。

以下省略 

 
ケツ番追い攻法(当たり番追い攻法)  

パチンカーは、なぜか新機種に群がる。1時間近くも台が空くのを待って
打っている人もいます。知的攻略を持たない無知無策のパチンカーである
わけですから無理もありませんが満席のほとんどノーチャンスのシマで
打つことほどバカなことはない。

ホールコンピューターは、毎日どんなヒマなシマにも好調グループを最低
1グループはつくり出しています。打ち手が少ないため大当たりの移動が
目立たないだけである。

 
わずかな打ち手しかいないヒマなシマにも20回以上の当たりを獲得してい
る台があります。
 
その台のグループに満席なシマのように打ち手がいなかったのに20回
以上の当たりを獲得しているということは好調グループそのものであるわ
けです。
 
 
ここに宝が眠っている。

以下省略

 
ケツ番追い攻法(当たり番追い攻法)実戦

1列が人気機種で片側の1列が人気薄の場合、不人気機種側はほとんど
が付いていません。こんなシマがベストですが10人程度しか打ち手がい
なければ1シマが同機種のシマでもかまいません。

 
例えば、ケツ番3番に大当たりが発生し、その当たりが終了し時短が終わ
かけているにもかかわらず同グループのどの台にも移動当たりが発生し
いない状況で空き台があれば、そのグループが舞台になります。
 
以下省略

射幸心を煽る機能 逆利用攻略法

2時間も3時間もヤッキになって打ち込んだ後、空き台となり、直後に他の
が打つと1~2回のリ-チで大当たりしてしまうことが、しばしばというより結構頻繁にあることを読者も何度か経験し目撃したことがあると思います。

以下省略

空き打

自台を打っている時に空き打ちをする場合は、 

以下省略